material. (内装材について)

壁紙(クロス)

現在市販されている壁紙(クロス)には様々な種類があります。

 

最も割合が大きく、主流になっているのはビニールクロスです。

素材は表面は塩化ビニール、裏打ちが紙などです。

施行後の仕上がりが美しく、様々な色/柄、素材感、機能を持たせたものが驚くほどの種類で販売されています。

 

機能的なものでは

 

汚れ防止(+表面強化) : 塩化ビニールの表面に、極薄のフィルムが施してあり、これによって汚れが定着しにくく(汚れないわけではない)、また拭き取り/洗浄が簡単で、小さなお子様のおられるご家庭、また台所など汚れ易い環境での使用がおすすめできます。

表面強化のタイプは、汚れ防止フィルムよりさらに表面強度の高いものを使用してあり、滑りやすいため傷や汚れがつきにくいものとなっており、やはりお子様や、またペットを室内で飼われているお部屋に使用する事で、壁紙を美しく保ち易くなっています。

 

吸放湿/通気性 : 特に石膏ボードの下地材に施行する事で、壁紙自体が湿気を吸収/放出する機能を持ち、湿気の多いお部屋に使用すると、壁紙が傷みにくく、カビ等の発生を抑え易くする効果が期待できます。

 

珪藻土(他自然素材) : 通気性壁紙と同様の効果を得ながら、自然素材独特の風合いがあり、ビニールクロスでは雰囲気の合わないお部屋に使用する事で、機能と美観を両立できる壁紙です。

ビニールクロスに比べると、傷/汚れへの耐性は低くなりますが、それを補って余りある美しい仕上がりです。

 

お部屋の環境、使用する用途によって、壁紙の機能を変える事で、より快適な環境を作る事が期待できます。

 

在来のクロスを張り替える場合には、下地の傷みも心配されるため、リフォーム用の厚手のクロスを使用する事で、仕上がりを美しくする工夫もできます。

 

 

珪藻土

最近、個人住宅でも多く見られるようになってきた壁土です。

耐火、断熱性に優れ、吸放湿性もあるため、内装材に非常に向く性質があります。

 

当方で扱う珪藻土は四国化成「テンダートップ」ですが、色のバリエーションが豊富で、仕上がりの風合いも非常に美しいです。

この商品は、ビニールクロスに直接塗布する事を前提としているので、リフォーム時に余分な廃材を出す事なく施工する事ができます。

元の壁紙が下地材の代わりとなるため、施工後のクラック(亀裂)や割れも起こりにくく、リフォームには最適です。

 

当方の自宅にも施工してあります。

興味のある方は、ご連絡いただければご覧いただく事もできますので、お気軽にお問い合わせください。